2017/05/20

【平成29年度税制改正#9】外国子会社合算税制(いわゆるタックスヘイブン対策税制)の総合的見直し【相続対策ch】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タックスヘイブン対策税制とは、日本の親法人が法人税の税率が低い国に、実態のない外国関係会社(親法人グループで50%を超える株式を保有する会社)を設けた場合に、その会社で生じた所得を、その親法人の所得に全部又は一部合算して日本で課税する制度です。
現行(改正前)は外国関係会社の、現地での法人税率(租税の負担割合)が20%未満で合算課税でしたが、平成29年度税制改正により、法人税率30%未満のペーパーカンパニーなど(等)は原則、合算課税となります。

動画URL:https://youtu.be/S4fCjmcUB8w?list=PL4SLxb31faRLrdQLA2smnlBHe9dji_67l

関連記事

コメントを残す

*