2017/05/18

相続税対策として生命保険を活用する3つのメリット【相続対策ch】生命保険#1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.非課税枠の活用による相続税評価額の引き下げ
死亡保険金の非課税の限度額は「500万円×法定相続人の人数」です。死亡保険金はみなし相続財産となり相続財産に加算されますが、非課税限度額までは加算されません。つまり相続財産の評価額を下げます。相続税がギリギリで発生するような場合、生命保険を活用すれば相続税が発生しない場合もあります。

例)法定相続人が3人=1,500万円が非課税限度額
現金所有のままだと、その金額が相続税の課税対象になります。ただし生命保険の死亡保険金で受け取ると非課税限度額までは対象外です。なお、相続人以外の人が取得した死亡保険金には非課税枠の適用はありません。

2.死亡保険金受取人の指定により遺産分割の対象財産から外す
生命保険の死亡保険金は受取人固有の財産ですから、「遺産分割協議の対象外の財産」です。特定の相続人だけに財産を残したい場合などは、被相続人の意思により受取人を指定することで遺言と同じ効果が得られます。相続人の間で著しい不公平が生じない限り、生命保険金は特別受益にあたらず、代償金として有効活用できます。

3.死亡保険金で相続税を払う=納税資金の準備
相続財産が自宅とアパートのみの場合など、遺産のほとんどが不動産で現預金が少ない場合、数千万円という相続税の納付に困ってしまうことがあります。こうしたケースでは納税資金対策として生命保険が利用できます。 被相続人が生命保険に加入し、保険金の受取人を相続税を負担する相続人にしておけば、不動産を売却せずに済みます。

動画URL:https://youtu.be/KUk03UN7XhM?list=PL4SLxb31faRKA9ux4FuSh5DNLyTsefD9j

関連記事

コメントを残す

*