2017/05/16

[警告]相続税増税に煽られて必要のない相続対策が増加中!【相続対策ch】やる必要のない#3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫も杓子も相続対策!? 相続税“大増税“に煽られ過ぎ!?
~“必要のない相続対策” “やりすぎ相続対策”に注意~

某新聞にて「相続税対策の実施」に関する意識調査が掲載されました。調査結果は、検討中を加えると過半数が“相続税対策を考えている”という回答でした。この結果が示すように、今回(平成27年施行)の相続税の増税について関心の高さがうかがえます。

ただし、個人的には少々過剰反応で相続税“大増税“に煽られ過ぎだと感じています。最近の相談傾向から察するに、 “必要のない相続対策”をやらされていたり、“相続対策をやりすぎている”方が増えているのでは? という印象ですね。

以下、「財産相続は千差万別」という一例を紹介します。

財産保有者(父)が死亡した際の一次相続で、相続人が配偶者(母)と子ども2人課税価格別の税制改正前後の相続税額と増加額および増加率です。

[基礎控除前の相続財産の課税価格が 8,000万円の場合]
お父さんが亡くなった時の相続税は、 改正前のゼロから175万円

[同じく1億円の場合]
改正前100万円が、315万円で増加額は215万円
増加率は3倍以上になります。

この層はもともと負担が少なく増加率は大きいですが、増加額は数百万円の額となります。

それに対して、
[基礎控除前の相続財産の課税価格が 10億円の場合]
1億6,650万円が1億7,810万円(1,160万円=約7%UP)
[同じく20億円の場合]
4億950万円が4億3,440万円(2,490万円=約6%UP)

こちらの層は、もともと負担額が高く増加率は低いですが、増加額は数千万円の額となります。

この2つの層(1億円前後と10億円以上)にとって、今回の相続税の増税が与える影響は大きく異なります。当然、それぞれに合った相続対策を行うべきなのです。

今回の相続税の課税強化は決定から実施まで2年という長い“猶予”期間があり、マスコミ報道や各種セミナーなどで相当取り上げられてきました。その結果、どちらの層も相続増税についての認知度は非常に高いです。しかし、学び過ぎ、詰め込み過ぎ=煽られ過ぎという側面がありますから、財産の額に関わらず、同じような相続対策に走っている(走らされている)傾向が見受けられます。この動画シリーズでは、こうしたムダを避けて、本当に必要な情報や注意点をお伝えしていきたいと考えています。

動画URL:https://youtu.be/eNpn5kXDfb8?list=PL4SLxb31faRKyDCwrGG2u_2IWVmuYjh1I

 

関連記事

コメントを残す

*