2017/05/20

贈与税はどのような時にどれくらいかかりますか?【相続対策ch】贈与税QA#1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

贈与税は、親族も含む他人から財産をもらった時や、非常に安い金額で財産を売ってもらった場合などにかかる税金です。贈与税の速算表(一般贈与税率用)を使って贈与税を計算してみます。
贈与税の計算は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。これが贈与額となります。次に、その贈与額から、基礎控除額110万円をマイナスします。その110万円控除後の金額があてはまる速算表の税率をかけ、速算表の控除額を引きます。その計算結果が、贈与税の額となります。

動画URL:https://youtu.be/Rfihu6OMPJI?list=PL4SLxb31faRJ-ff_WpK2RsHfKouWbaSlO

関連記事

コメントを残す

*