2017/09/06

「まさかに備える」海外ETFへの直接投資のメリットとは?【相続対策ch】最適な財産ポートフォリオ構築#10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保有する財産を「預貯金」「株式などの有価証券」「不動産」という3つの資産に分散して投資をする「財産3分法」は、歴史的に古くからいわれている分散投資の基本的な考え方の一つです。そしてリスクの分散については、「一つの籠にすべての卵を盛ってはいけない」という有名な投資格言がありますが、一般的に分散投資とは、投資において「投資種類」「投資対象」「時間」を分散させることとされています。私達(青山財産ネットワークス)が財産ポートフォリオを考えるうえでは、そこに「地域」の分散を加え、次の(表にする)4つの視点での分散をお勧めしています。

動画URL:https://youtu.be/okUFuYYXiaw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

「まさかに備える」財産を守るポートフォリオ構築方法とは?【相続対策ch】最適な財産ポートフォリオ構築#9

前の記事を見る

「まさかに備える」財産を守るポートフォリオ構築方法とは?【相続対策ch】最適な財産ポートフォリオ構築#9

関連記事

コメントを残す

*